福島のニュース

廃炉で実績 鹿島のチームに総理大臣感謝状

 経済産業省は、東京電力福島第1原発の廃炉作業で、難易度の高い工事で実績を上げた企業グループに感謝状を贈る。総理大臣感謝状は、海水配管トレンチの閉塞(へいそく)作業を行った鹿島の作業チームが選ばれた。
 同チームは流動距離が長いセメント系充填(じゅうてん)剤を開発。高線量の作業環境下で高濃度汚染水の除去に成功した。
 経産大臣感謝状は日立GEニュークリア・エナジー、副大臣感謝状は五洋・東亜共同事業体と、大成建設の各作業チームに贈る。
 廃炉作業の従事企業に対する経産省の感謝状贈呈は初めて。いわき市で10日に開く「福島第1廃炉フォーラム」で授与する。


関連ページ: 福島 経済

2016年04月07日木曜日


先頭に戻る