宮城のニュース

<仙六野球>宮教大/Aクラス入りも視野

千葉主将

 昨年は春に4位と存在感を発揮したが、秋は最下位に沈んだ。1年時から試合に出場している選手が例年より多い今春の目標は4位で、Aクラス入りも視野に入れる。
 投手陣は遠藤、佐藤の両右腕が柱。遠藤は横手から繰り出すくせ球が武器で、佐藤は直球にフォークボールなど縦の変化球を交え打たせて取る。救援陣には五十嵐、松下らが控える。
 打線は、長打力のある4番宮本の前に走者をためたい。柴田、米、川村ら上位陣の出塁率が鍵を握る。守備は二塁の米、遊撃の千葉に安定感がある。内外野の連係プレーの質向上にも取り組んできた。
 プロ野球の広島、阪神で投手としてプレーした高橋監督は「(選手たちは)真摯(しんし)に野球と向き合う姿勢が浸透してきた。一球に集中し、見ている人に喜んでいただけるプレーを心掛ける」と決意を示す。

<反骨心持ち上目指す/千葉主将の話>
 冬場は、試合で120パーセントの力を出すための準備をしてきた。反骨心を持って昨秋の最下位からはい上がる。

部長 西城  潔(東北大院)
監督 高橋 顕法(仙台育英高)
投手 五十嵐俊貴(4) 174 69 右右(山形・鶴岡南)
   遠藤 裕太(4) 176 78 右右(仙台一)
   佐藤 優樹(3) 174 79 右右(仙台一)
   菊田 将也(3) 168 72 右右(宮城・気仙沼)
   丹野 大地(3) 175 72 右右(仙台向山)
   松下 圭太(2) 183 79 右右(福島)
   阿部 充晃(2) 181 78 右右(仙台一)
捕手 森田 俊介(4) 188 81 右右(岩手・盛岡四)
   飯田 啓太(4) 180 82 右右(仙台南)
   杉本 浩一(3) 174 72 右右(青森・八戸工大二)
   村井 勇斗(3) 174 80 右右(仙台一)
   渡辺 允基(2) 172 85 右左(仙台南)
内野◎千葉 奨之(4) 175 75 右右(岩手・盛岡一)
   宮本  奏(4) 180 86 右右(宮城・石巻)
   米  恭汰(4) 168 68 右右(宮城・泉松陵)
   金  祐輝(3) 165 65 右右(岩手・盛岡三)
   柴田 優祐(2) 168 70 右左(宮城・東陵)
   大和田侑杜(2) 173 70 右右(宮城・東北学院)
   川村 康祐(2) 170 70 右左(青森・八戸)
外野 松本 隆充(4) 165 68 左左(山形・鶴岡南)
   梅津  渉(4) 174 71 右右(山形・新庄北)
   石川 雄太(4) 176 72 右左(仙台向山)
   阿部 晃平(3) 176 71 右右(岩手・花巻北)
   工藤  航(3) 172 66 右右(宮城・泉館山)
   黒沢  康(2) 178 80 左左(秋田南)

(注)部長、監督名の後のかっこ内は最終学歴。選手名の後は順に学年、身長(センチ)、体重(キロ)、投打で、かっこ内は出身高。◎は主将


関連ページ: 宮城 スポーツ

2016年04月08日金曜日


先頭に戻る