宮城のニュース

<仙六野球>東北学院大/投打の柱成長著しく

小野主将

 昨年は福祉大、仙台大の後じんを拝し、2季連続3位と苦杯をなめた。成長著しい投打の柱を中心に、粘り強い攻守で7季ぶりの王座奪還をうかがう。
 投手陣は3年生右腕の鈴木が軸となる。昨秋は福祉大戦の1勝を含む3勝を挙げて頭角を現した。最速145キロの直球で丁寧にコーナーを突き、打たせて取るのが持ち味。制球力のある右横手の長鈴、変化球が多彩な左腕米らも控える。
 昨秋の残塁はリーグワーストの105。点に結び付く効率的な攻撃ができるかが鍵を握る。昨秋打率2位の小野はバットコントロールが良く、逆方向に流す打撃に磨きをかけた。小倉は振りが鋭く、佐藤信はパンチ力がある。好機を生かして走者をかえしたい。
 練習では球際に強くなるため、ノックで守備の意識を高めた。菅井監督は「我慢を重ねて接戦をものにしていきたい」と意気込む。

<守備でリズムつくる/小野主将の話>
 昨秋までは不本意な結果。このままではいけないと士気は高い。守備からリズムをつくり、全勝優勝を目指す。

部長 高木龍一郎(東北学院大院)
監督 菅井 徳雄(東北学院大)
投手 阿部 敏博(4) 176 74 右右(宮城・古川学園)
   山本 正太(4) 174 87 右右(福島・東日本国際大昌平)
   米  将吾(4) 167 68 左左(仙台商)
   井口 雄貴(4) 191 95 右右(北海道・函館ラサール)
   風岡  輝(3) 176 78 右右(仙台育英)
   鈴木遼太郎(3) 183 78 右右(宮城・石巻西)
   藤平  渉(3) 174 70 左左(岩手・不来方)
   長鈴 悠平(3) 172 70 右右(岩手・盛岡四)
   安達 博基(3) 183 90 右右(仙台東)
捕手 佐々木鷹介(4) 178 80 右右(秋田工)
   小林  翔(4) 171 71 右右(仙台商)
   木村 雄飛(4) 177 82 右右(青森・三沢)
内野◎小野 智大(4) 173 74 右左(宮城・利府)
   榊原 広記(4) 183 74 左左(宮城・古川学園)
   庄司 俊一(4) 170 64 右左(宮城・東北工大高)
   大沼 優平(3) 165 65 右左(宮城・東北)
   小倉 基誠(3) 175 84 右右(岩手・盛岡中央)
   佐藤 信行(3) 173 68 右左(岩手・専大北上)
   水間 俊樹(3) 175 78 右右(仙台育英)
外野 三浦  岳(4) 165 68 右右(岩手・一関学院)
   武内  謙(4) 171 65 右右(福島西)
   大沢 隼貴(4) 172 72 右左(宮城・東北工大高)
   佐藤  航(4) 172 65 右左(青森・大湊)
   西條 諒佑(3) 183 83 右左(宮城・石巻)
   船山 大輝(3) 174 82 右左(仙台三)

(注)部長、監督名の後のかっこ内は最終学歴。選手名の後は順に学年、身長(センチ)、体重(キロ)、投打で、かっこ内は出身高。◎は主将


関連ページ: 宮城 スポーツ

2016年04月08日金曜日


先頭に戻る