広域のニュース

楽天とモンテ連携しチケット割引 半券でお得に

 サッカーJ2山形とプロ野球東北楽天が連携し、観戦チケットの割引サービスを実施する。山形、東北楽天の試合を観戦した半券を持参すると、互いにチケットが安く購入できる。サッカーと野球のファン、山形と仙台の交流を促進し、東北のプロスポーツを盛り上げようと初めて企画した。
 山形のホームゲームのうち9日の町田戦から、7月3日の山口戦まで9試合のいずれかの半券で、7月5日の東北楽天−日本ハム戦(山形県中山町、荘銀・日新スタジアム)の当日券が、バックネット裏と内野席は500円引き、外野席は200円引きで買える。
 5月22日の金沢戦まで5試合の半券は、5月28日の東北楽天−日本ハム戦(楽天Koboスタジアム宮城)でも特典を受けられる。
 山形のシーズンシート会員は会員証を提示する。当日券が完売した場合は、利用できない。
 一方、7月5日の東北楽天−日ハム戦の半券を使うと、7月24日の山形−岡山戦で芝かぶり席を除く当日券が600円引きになる。
 山形の広報担当者は「一人でも多くのファンに、それぞれの試合会場に足を運んでほしい」と期待する。連絡先は山形広報室023(666)8882。


関連ページ: 広域 社会

2016年04月08日金曜日


先頭に戻る