宮城のニュース

<衆院選>民進、宮城2区は林氏

 次期衆院選の宮城2区を巡り、民進党発足に伴い近く設立される党県連が、維新の党県総支部代表の林宙紀元衆院議員(38)の公認を党本部に上申することが8日、分かった。10日に仙台市内で開かれる新党県連発足に向けた会合で、正式決定する。
 関係者によると、民主党県連幹部と林氏が3月下旬に協議。2区からの立候補に意欲を示している林氏の意向を尊重する方向で、最終調整を進めている。
 林氏は名取市出身、東大卒。2012年衆院選で宮城1区に旧みんなの党公認で立候補し、比例東北で復活当選。14年衆院選では維新公認として民主県連の推薦を受け宮城2区から立候補したが、落選した。
 次期衆院選で、民進党は宮城2、3、4、6区の立候補予定者が空白となっている。県連は7月の衆参同日選を想定し、候補者選考作業を急いでいる。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年04月09日土曜日


先頭に戻る