宮城のニュース

<仙台L>きょうホーム千葉戦

 サッカー女子、なでしこリーグの仙台レディース(仙台L)は9日、角田市陸上競技場で千葉と対戦する。前節は敵地で岡山湯郷に惜敗し、ここまで1勝1敗。ホームで再び白星を挙げ、波に乗りたい。
 8日は仙台市の泉パークタウンサッカー場で約1時間、最終調整した。紅白戦では、主力組の左サイドバックに佐々木繭が入り、2トップは小野、井上が担当。DF千葉らは守備の連係を確認した。2月に右足首を痛めたFW本多も全体練習で活発に動いた。
 千葉は、ここまで1分け1敗と勝利はないが、3年連続の得点王を狙うFW菅沢(JFAアカデミー福島出身)を擁する。仙台Lの千葉監督は「千葉はキープレーヤーの菅沢を止めることが大切。失点しないで勝ちたい」と話した。

<岸川「勝利を積み重ねたい」>
 浦和から今季加入した岸川が、前節の岡山湯郷戦でリーグ通算100試合出場を果たした。24歳のMFは一つの節目を経て「今後も勝利を積み重ねていきたい」と決意を語った。
 「選手として成長するため」と移籍した仙台Lで、川村とボランチを組み攻守の起点となっている。千葉監督からは特に守備面での貢献を期待されており、「センターバック2人とも話し合い、バランスを取りながらプレーをすることが大事」と役割を自覚している。
 岡山湯郷戦が黒星だっただけに「次は結果だけでなく、いい内容のサッカーをする」と千葉戦での勝利を誓う。


2016年04月09日土曜日


先頭に戻る