宮城のニュース

<楽天>ウィーラー救った 勝ち越し弾

6回東北楽天無死、ウィーラーが左越えに勝ち越しソロを放つ。捕手・大野

 ウィーラーがコボスタ宮城での今季チーム1号となる勝ち越しソロを放った。「もともと本塁打を打つのが難しい球場。本拠地で、大勢のお客さんの前で打ててうれしい」と喜びを爆発させた。
 2−2の六回、膠着(こうちゃく)しかけた試合の雰囲気を一発で吹き飛ばした。2ボールから真ん中に来た速球を鋭く捉えて、一気に左翼席中段へ。「この場面で打点を挙げられてうれしいし、則本を援護できて良かった」。これを号砲に打線はメンドーサを攻略し、六回計3得点で勝利を決定付けた。
 これで8試合連続安打(本塁打は2試合連続)、5試合連続打点と絶好調。チームの白星を最優先する頼もしい4番打者は「毎日毎日、自分がすべきことをしていれば勝利に導ける。あした(9日)もしっかりやりたい」と話した。(浦響子)


2016年04月09日土曜日


先頭に戻る