宮城のニュース

<東北電>新サービス開始できず

 東北電力の新ウェブサイト「よりそうeねっと」を活用し、4日スタート予定だったサービスが始まらず、開始の見通しも立っていないことが11日分かった。システム改修に手間取っているのが原因。
 ウェブ登録会員数は10日現在で約6万3000件。登録するとパソコン、スマートフォンによる電気料金や使用量の確認、プラン変更などの手続きができるが、現在は使えない。
 同社が電力小売りの全面自由化に合わせて導入した登録者向けのポイントサービスは、ご当地商品や共通ポイントとの交換をする上で、新サイトの稼働が必要になる。
 東北電によると新サービス導入前の確認作業で、パソコンなどの画面表示の切り替えに時間がかかることが判明。メンテナンス作業を続けているという。
 会員登録の申し込みは1月から継続して受け付けている。東北電は「新サービスを待っている方々にご迷惑を掛けて申し訳ない」と平謝りする。


関連ページ: 宮城 経済

2016年04月12日火曜日


先頭に戻る