宮城のニュース

<楽天>再び単独首位

日本ハム戦に勝利し、マウンド上でハイタッチする松井裕(右)ら楽天ナイン

 東北楽天が投手戦を制し、再び単独首位に立った。先発釜田佳直はテンポ良く投げ、7回を散発4安打無失点で今季初勝利。福山博之、松井裕樹も無失点でしのいだ。打線は四回、ウィーラーの中越え二塁打などでの1死三塁から、茂木栄五郎の中前打で決勝の1点を奪った。
 日本ハムは七回無死一、二塁の好機をふいにするなど、8回1失点の先発大谷翔平を援護できなかった。

 東北楽天−日本ハム3回戦(東北楽天2勝1敗、13時、楽天Koboスタジアム宮城、24,370人)
日ハム000000000=0
楽 天00010000×=1
(勝)釜田3試合1勝
(S)松井裕7試合4S
(敗)大谷3試合2敗


2016年04月12日火曜日


先頭に戻る