宮城のニュース

<楽天>茂木、思い切りよく決勝打

4回東北楽天1死三塁、茂木が中前に先制の適時打を放つ

 四回1死三塁、東北楽天の茂木栄五郎が難敵の大谷から先制打を放った。ウィーラーの二塁打に続き、今江敏晃の内野ゴロ進塁打で築いた好機に、初球打ちで前進守備の二遊間を抜く見事な一打だった。
 直前の第1打席で中前打を打った手応えを胸に入った第2打席。「怖いもの知らずの気持ちで、思い切って打った」と振り返る。直球を待っていたところに来た外角の高速フォークボールに巧みに対応してみせた。
 「あまりいい形ではなかったが、何とか腕が届くところで打てた」。結果的にこれが決勝打。茂木は一仕事を終え、ほっとした表情を浮かべた。


2016年04月12日火曜日


先頭に戻る