山形のニュース

<あこや会館問題>山形知事「残念」

 山形県職員の厚生施設「あこや会館」(山形市)が委託業者の経営不安から休館に陥ったことについて、吉村美栄子知事は11日の定例記者会見で、「こうした事態に陥り残念だ」と述べた。
 委託を始めて2年目の2014年夏に、県の担当課が委託業者が複数の未払いトラブルを把握していたことについて、吉村知事は「担当課には適切に対応してほしいと思っている」と述べるにとどめ、対応が適切だったかどうかには言及しなかった。
 県総務部によると、県が管轄する168施設のうち134施設で委託業務や指定管理制度を導入している。吉村知事は「他の施設は適切に運営していると把握している」と話した。
 委託業者が抱える従業員への給料未払いなどのトラブルに関し、会見に同席した県総務厚生課の担当者は「委託業者から3月の宿泊収入などで清算できると聞いている。適切な対応をお願いしている」と説明した。


関連ページ: 山形 政治・行政

2016年04月12日火曜日


先頭に戻る