山形のニュース

<リオ五輪>競泳五輪代表 小関ら34人

 日本水連は11日、競泳のリオデジャネイロ五輪代表34人(男女各17)を発表し、エースとして男子400メートル個人メドレーなどで金メダル獲得が期待される萩野公介(東洋大)は「目標とする金メダルに向かって精いっぱい頑張りたい」と強い決意を示した。
 前回ロンドン五輪の27人から7人増え、1964年東京五輪の最多39人に次ぐ大所帯。小関也朱篤(ミキハウス、山形・羽黒高−日体大出)や、20年ぶりの中学生代表で最年少の14歳、酒井夏海(スウィン南越谷)ら21人が初出場というフレッシュな顔ぶれとなった。女子最年長の27歳、金藤理絵(Jaked)は「初代表の選手が多い。安心してレースに臨めるような雰囲気づくりをしていけたらいい」と話した。
 平井伯昌監督は、戦後最多11個のメダルを獲得しながら金メダルがなかったロンドン五輪を踏まえ、複数の金メダルを目標に掲げた。


2016年04月12日火曜日


先頭に戻る