宮城のニュース

オンライン国勢調査に積極的 富谷、利府表彰

 2015年国勢調査で導入されたオンラインによる調査回答を積極的に推進したとして、宮城県富谷町が総務大臣表彰、利府町が統計局長表彰に選ばれ、11日に県庁で伝達式があった。
 村井嘉浩知事が若生裕俊富谷町長と鈴木勝雄利府町長に表彰状を手渡した。インターネットのオンライン回答率は富谷52.0%、利府46.3%で、全国平均の36.9%、県平均の35.5%を大きく上回った。
 両町は広報誌などで住民にオンライン調査参加を積極的に呼び掛けた。若い世帯の多さも回答率を押し上げた要因だという。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年04月13日水曜日


先頭に戻る