宮城のニュース

<楽天>辛島と古川 踏ん張れず

6回ロッテ1死一、二塁、井口(右)に左翼線へ2点二塁打を打たれうつむく東北楽天先発の辛島(坂本秀明撮影)

 ロッテとの首位攻防戦は五回まで0−1と投手戦だった。しかし、六回に辛島航が我慢比べに音を上げて2失点すると、七回は今季初登板の2番手古川侑利が4失点と踏ん張れなかった。打線が決め手を欠き続ける間に投手陣が力尽きるもどかしい戦いの末に完敗。梨田昌孝監督は「3点差で何とか1、2回踏ん張ると(流れが)変わるんだけど」と嘆いた。
 辛島は六回1死から四球と左前打で一、二塁とされ、井口資仁に内角寄りの変化球を痛打された。打球は左翼線の深くまで達し、2者生還。「何とか粘って来られたけど、結局こうなっては駄目ですね」。中盤に四球で崩れた前回対戦と同じ轍(てつ)を踏み、悔しさを抑えるように話した。
 七回の古川も先頭打者に安打を許したのに始まり、打者9人の猛攻を浴びて4失点。台所が苦しい救援陣の支えになってほしいと首脳陣が1軍昇格させた右腕だったが、2年ぶりの1軍マウンドは散々な結果になった。「もっと自分を精神的にコントロールできるようにならないと」と険しい表情だった。
 13日は、QVCマリンでの前回対戦で完封勝ちした美馬が先発する。梨田監督は「球場は違うけど、あすまた頑張ってほしい」と期待した。(浦響子)


2016年04月13日水曜日


先頭に戻る