宮城のニュース

<楽天>投打振るわず2位に後退

 東北楽天は投打とも振るわず、2位に後退した。先発辛島航は二回に1点を失い、六回にも1死一、二塁から井口資仁に2点二塁打を許して6回3失点で降板。2番手古川侑利も4失点と歯止めを掛けられなかった。打線は、九回に茂木栄五郎の犠飛で1点返すのがやっとだった。
 ロッテは先発二木康太が1失点完投でプロ初勝利を挙げ、首位に浮上した。

 東北楽天−ロッテ3回戦(ロッテ2勝1敗、13時、楽天koboスタジアム宮城、21,520人)
ロッテ 010002400=7
東北楽天000000001=1
(勝)二木3試合1勝1敗
(敗)辛島3試合1勝2敗

☆梨田の話ダ
<いい勉強>
 「七回の最後まで投げさせたかった。途中で代えても何の意味もない。彼にはいい勉強になったと思う」(今季初登板で七回に4失点した古川に)


2016年04月13日水曜日


先頭に戻る