宮城のニュース

<楽天>平日デーゲームに2万1520人

 東北楽天は12日のロッテ3回戦で、4月中旬としては初めてとなる平日デーゲームを開催した。
 球団によると、これまで春休み期間の4月上旬までは昼間に開催。中旬以降は火曜から木曜までナイター開催が通例だったが、今回は夜間の寒さ対策のために3連戦の初戦だけ昼間開催とした。
 12日の試合は、小、中学校などの新学期が既に始まっている中、2万1520人の観客が集まった。8日からの日本ハム3連戦と比べると土曜、日曜の昼間開催で2万4000人を超えた9、10日には及ばなかったが、2万2000人超が入った金曜ナイターの8日に近い観客数となった。
 ナイターだった昨季同時期は、水曜の4月8日、ソフトバンク戦に2万1639人、金曜の10日、オリックス戦には1万8752人が入っている。ロッテ戦では金曜の24日、2万2790人の入場者があった。
 立花陽三社長は「平日にもかかわらず大勢にお越しいただいた。今回の開催を踏まえ、より足を運んでもらいやすい形にしていく」と語った。


2016年04月13日水曜日


先頭に戻る