広域のニュース

<東北主要企業>68%で女性管理職1割以下

 東北の主要企業アンケートでは、7割近い企業で、女性管理職の割合が10%以下にとどまった。4月に施行された女性活躍推進法では従業員300人超の企業などに女性管理職比率の数値目標の設定や公表を義務付けているが、具体的な数値目標を掲げている企業は3割だった。
 全管理職に占める女性の割合は「ゼロ」が13.4%、「1〜5%」が37.1%、「6〜10%」が17.5%で、10%以下は68.0%に上った。「11〜20%」は17.5%で、業種でみると銀行や百貨店・スーパー、食品・外食が多かった。
 女性管理職を増やす意向が「ある」と答えた企業は60.8%に上った。「検討中」は32.0%、「ない」はゼロだった。女性管理職の数値目標については「ある」が29.9%、「ない」が14.4%、「検討中」が49.5%だった。


関連ページ: 広域 経済

2016年04月13日水曜日


先頭に戻る