広域のニュース

東北の桜の名所車で巡って マップ作製

 レンタカー会社や観光団体、自治体などでつくる「レンタカー東北周遊観光推進協議会」(仙台市)は、東北各地の桜の名所などを紹介したドライブマップを作製した。昨年秋の紅葉バージョンに続く第2弾で、東北運輸局のホームページで公開している。
 弘前公園(弘前市)や磐梯吾妻スカイライン(福島市)などの観光地を掲載。「桜と雪回廊」「夏祭り」の二つのテーマに分け、4泊5日で東北地方を巡るモデルコースも紹介した。
 日本語、英語、中国語(繁体字)の3カ国語版を用意した。日本語仕様のカーナビが使えない外国人のために、目的地の番号を入力すると検索できるマップコードも載せた。
 東北運輸局の担当者は「東北地方は観光資源が点在しており、電車やバスでは回りにくい。レンタカーの利用促進に役立てたい」と話す。


関連ページ: 広域 社会

2016年04月13日水曜日


先頭に戻る