宮城のニュース

<宮城市町村予算>出生祝い金制度拡充

◎村田町

 予算編成に当たり、既存事業の経費を徹底的に見直した。この結果、一般会計の総額は前年度当初比10.0%減の51億6036万円。特別会計を合わせた総額は7.5%減の89億7045万円となった。
 地域商社機能を持つ「まちづくり会社」を設立し、起業や移住の支援、観光の促進に取り組む。空き店舗や空き蔵を活用した雇用の創出も目指す。
 子育て支援として出生祝い金制度を拡充し、1人目に20万円、2人目以降は10万円を支給する。子どもが生まれた世帯に育児用品を贈る事業も始める。
 歳入のうち、町税はほぼ前年度並みの13億4018万円、地方交付税は6.5%減の18億5908万円の見通し。

<主な事業(単位・万円)>
◇伝統的建造物群保存地区保存事業  3,309
◇子ども医療費助成事業       2,185
◇すこやか出生祝い金事業      1,520
◇定住促進住宅購入事業         945
◇仙南・仙塩広域水道用水供給事業 19,991


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年04月14日木曜日


先頭に戻る