山形のニュース

「若旦那総選挙」16人の争いに決着

賞状を受け取り、笑顔を見せる中川さん(右から2人目)ら

 山形県旅館ホテル生活衛生同業組合青年部が、県内で働く若旦那の素顔を紹介する無料冊子「やまがた若旦那」を通じて開催した「選抜総選挙」の結果が7日発表された。高畠町の農業中川吉右衛門さん(40)が1位に輝き、次号でPR用のページが与えられる。
 「選挙」に出馬したのは、3月に発行した第2号で紹介された16人。温泉旅館のほか、酒販店や農家の若旦那もいる。投票は3月22日〜今月5日、フェイスブックで「いいね!」を押す形で実施した。
 最多の1135票を獲得した中川さんは「応援してくれたみんなの思いの総量を数字で見せられて良かった」と喜びを語った。
 冊子は、おかみの陰に隠れがちな若旦那にスポットを当て、誘客や交流人口の増加につなげようと、昨年10月に創刊された。掲載された若旦那が働く旅館や店舗で配布している。


関連ページ: 山形 社会

2016年04月14日木曜日


先頭に戻る