広域のニュース

<信組>秋田県といわき 第一勧業と連携

 秋田県信用組合(秋田市)といわき信用組合(いわき市)は15日、取引先が首都圏で販路を拡大する際の支援などを行うための連携協定を、第一勧業信用組合(東京都新宿区)と都内で締結する。
 第一勧業信組の本店内に地方連携オフィスを置き、秋田県、いわき両信組の取引先が商談できる場にする。都内に26カ所ある第一勧業信組の店舗を活用して、秋田、福島の県産品や観光情報も随時発信していく。
 第一勧業信組は新潟県などの3信組とも連携協定を結んでいる。今後も同様の連携を拡大する方針。
 秋田県信組営業推進部の担当者は「今回の連携が取引先の販路拡大の場につながればいい」と話す。


関連ページ: 広域 経済

2016年04月14日木曜日


先頭に戻る