宮城のニュース

<宮城市町村予算>子育て支援充実図る

◎川崎町

 一般会計は54億1000万円で、前年度当初比5.9%の伸び。子育て支援の充実や観光振興に重点を置いた。特別会計を含む予算総額は95億8909万円となった。
 子育て世帯の経済的負担を減らすため、学校給食費の軽減策を導入。小中学生が2人以上いる世帯は2人目以降の給食費を無償にする。中学生以下の医療費自己負担の無料化も継続する。
 観光面では、支倉地区にある上楯城公園の景観整備に向け、立木の一部を伐採する。青根温泉に建設した駐車場周辺で道路整備や看板設置を進め、交流人口拡大を図る。
 主な歳入は町税8億6651万円、地方交付税21億6300万円で、ほぼ前年並みを計上した。

 主な事業(単位・万円)
◇移住定住促進事業        528
◇こども医療費助成事業    2,800
◇町営住宅整備事業     46,583
◇町道改良事業       11,689
◇学校給食費軽減事業       850

 


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年04月15日金曜日


先頭に戻る