宮城のニュース

<楽天>岡島 椎間関節炎で登録抹消

岡島豪郎外野手

 東北楽天は14日、13日のロッテ戦(コボスタ宮城)の第3打席でスイングした際に腰を痛めて途中交代した岡島豪郎外野手が福島県内の病院で診察を受けた結果、軽度の椎間関節炎と診断されたと発表された。全治は不明で、2日間安静にした後様子を見て練習を再開する予定だという。岡島は同日、出場選手登録を抹消された。
 代わって島内宏明外野手と中川大志内野手が1軍昇格。また、14日のロッテ戦(コボスタ宮城)に先発したブリガム投手に代わり、リズ投手が選手登録を抹消された。


2016年04月15日金曜日


先頭に戻る