宮城のニュース

<楽天>オコエ2軍行き

登録抹消されスタジアムを後にするオコエ

 東北楽天のオコエ瑠偉外野手が14日、出場選手登録を抹消された。高卒新人野手として球団史上初の開幕1軍を果たし、その後も1軍帯同を続けていたが、藤田一也、岡島豪郎ら負傷者が相次いだチーム事情により2軍行きが決まった。
 オコエは同日コボスタ宮城で梨田昌孝監督から登録抹消を告げられ、その後荷物をまとめて試合前に球場を後にした。15日のイースタン・リーグ巨人戦(ジャイアンツ球場)から2軍に合流する。
 オコエは「一番高いレベルの投手の球を見たり、(松井)稼頭央さんの守備を見たりいい経験ができた。2軍でもしっかり、一試合一試合大事にやっていきたい」と淡々と話した。梨田監督は「もう少し1軍でさせたかったが、これだけ故障者が出ている。緊急事態だった」と説明した。
 オコエは1軍で11試合に出場し、7打数無安打1盗塁。大半が試合終盤に代走や守備固めとしての出場で、唯一先発出場した3日の西武戦(コボスタ宮城)では3打数無安打だった。


2016年04月15日金曜日


先頭に戻る