宮城のニュース

<楽天>ブリガム背信 来日初登板苦い敗戦に

6回ロッテ1死二、三塁、角中の勝ち越し打で三走清田が生還。険しい表情の東北楽天先発・ブリガム(伊深剛撮影)

 6人目の先発投手に選ばれた新外国人ブリガムは起用に応えられなかった。7回7失点で、来日初登板は苦い敗戦に。「制球の精度を上げないといけない」と硬い表情で語った。試合後、2軍再調整が決まった。
 味方打線に追い付いてもらい、仕切り直したかった六回に踏ん張れなかった。1死から清田育宏に死球を与え、続くデスパイネから3連続長短打を浴び、あっさりと3点を勝ち越された。七回も2点を加えられた。
 左打者を苦にした。14度の対戦で4安打3四死球と、半数の出塁を許したのが命取りだった。「左打者へ投げにくさはなかったが、簡単に走者を出せば難しい状況になる」と反省した。
 四回までは快調に打たせて取ったが、五〜七回はいずれも四死球が絡んで崩れた。与田剛投手コーチは「厳しく攻めないといけない、と警戒し過ぎてしまった。序盤の大胆さがなくなった」と分析した。
 チームは岡島豪郎、今江敏晃ら打撃好調だった主力がけがで戦線を離脱する緊急事態にある。助っ人右腕に空気を変えるような快投を期待していた梨田昌孝監督は「いいリズムで攻撃できなかった。同一カード3連敗は一番良くない」と嘆くしかなかった。(佐藤理史)


2016年04月15日金曜日


先頭に戻る