広域のニュース

<大型連休>高速道渋滞昨年並みか

 東日本高速道路東北支社は、大型連休期間(28日〜5月8日)の管内の渋滞予測をまとめた。ピークは下りが29日と5月3日、上りは5月4、5日。昨年並みの混雑を見込む。
 東北道の最も激しい渋滞は、下りが5月3日午後1時ごろに一関トンネル付近から15キロ、上りは同月4日午後1時ごろに福島トンネル付近から15キロの見通し。
 今年は暦の配列で連休前半にも下り線が混雑する見込みで、29日午後2時ごろに一関トンネル付近から10キロの渋滞を予想している。
 常磐道でも下り線で29日午前11時ごろと、5月3日午前11時ごろに亘理インター付近から10キロの渋滞を見込んでいる。


関連ページ: 広域 社会

2016年04月15日金曜日


先頭に戻る