宮城のニュース

<議長政活費疑惑>知事が返還求め通知書

 宮城県議会議長の安部孝氏(60)=宮城選挙区=による政務活動費(政活費)の不正支出問題で、県監査委員から約42万円の返還を求めるよう勧告を受けた村井嘉浩知事は15日、安部氏の所属会派自民党・県民会議に返還を求める通知書を出した。納入期限は5月6日。
 安部氏は会派を通じて政活費の交付を受けている。県民会議の中島源陽会長は「監査結果を重く受け止め、適切に対応したい。議長本人も『週明けにも速やかに返したい』と話している」と語った。通知内容は安部氏に報告したという。
 2009年4月〜15年3月に安部氏が仙台事務所に支出した政活費540万円を巡って、仙台市民オンブズマンからの住民監査請求に対し、県監査委員は8日、光熱費の一部約42万円を不当利得と認定した。
 安部氏は監査請求で不正を指摘された計540万円の全額を返還する意向を示しており、15年4〜11月分で不適正な支出が疑われる約60万円も返す考えを明らかにしている。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年04月16日土曜日


先頭に戻る