宮城のニュース

<コストコ>富谷店 開店前に内覧会

オープンに先立って開かれた「コストコ富谷倉庫店」の内覧会

 米国系の会員制倉庫型量販店「コストコ富谷倉庫店」(宮城県富谷町)は15日、29日予定のオープンを前に内覧会を開いた。
 商品は約3500種。高さ4.5メートルの棚に積み上げるようにして陳列する。日用品や生鮮食品、家電のほか、宮城県産のしょうゆや日本酒など地元を意識した構成とした。通路は大型カートがすれ違えるよう、幅3.3メートルで統一した。
 売り場面積は約1万平方メートル。国内25番目の店舗で、東北では「かみのやま倉庫店」に続き2店舗目。宮城県内を中心に岩手県南や福島県北を商圏に見込む。
 斎藤佑介・倉庫店長は「事前の会員登録数は予想以上の伸び。価格や商品サイズなどで会員の期待に応えられるよう準備を進めていきたい」と話した。29日は午前8時にオープン予定。


関連ページ: 宮城 経済

2016年04月16日土曜日


先頭に戻る