福島のニュース

<楢葉町長選>あす投票 現新2氏の争い

 東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が昨年解除された福島県楢葉町の町長選は17日に投票が行われ、即日開票される。ともに無所属で、再選を目指す現職松本幸英氏(55)、新人の元副町長鈴木伸一氏(65)が立候補している。
 松本氏は復興予算の確保や精神的賠償の延長など4年間の実績、国や県とのパイプをアピールし「復興を止めるな」と呼び掛ける。帰町に向けて公営住宅の家賃免除、小学校舎を活用したコミュニティーづくりなど15項目のマニフェストを提示。「新たな楢葉を創造する」と訴える。
 鈴木氏は「対話最優先の町政」を掲げる。いわき市にある小中学校の仮設校舎について「町内での学校再開後も存続させる」と強調。町内に搬入口がある指定廃棄物などの最終処分場(富岡町)計画でも「指定廃棄物は中間貯蔵施設に搬入するよう国に求める」と見直しを主張する。
 投票所は楢葉町、仮設住宅があるいわき市と会津美里町に設置され、開票作業は楢葉町で行う。6日現在の有権者は6184人。


関連ページ: 福島 政治・行政

2016年04月16日土曜日


先頭に戻る