宮城のニュース

<角田市長選>元市総務部長木村氏出馬へ

木村 伸一氏

 任期満了(8月9日)に伴う角田市長選で、元市総務部長の木村伸一氏(63)が16日、無所属で立候補する意思を明らかにした。近く記者会見し、正式に表明する。
 木村氏は河北新報社の取材に対し「教育、子育てなど暮らしの利便性が高いまちをつくる。着実で現実的な市政運営のけん引役を担いたい」と述べた。現市政が進める総額約11億円の道の駅構想について「交流人口の拡大は大事だが、行政主導の膨大な投資で失敗する」と反対の姿勢を明らかにした。
 木村氏は角田市出身、東北大卒。1978年に市役所入りし、地域振興課長などを経て2009年度から4年、総務部長を務めた。現在は学習塾を経営する。
 同市長選では、現職の大友喜助氏(65)が3選を目指して立候補することを表明している。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年04月17日日曜日


先頭に戻る