宮城のニュース

<宮城市町村予算>子育て支援策を重視

◎松島町
 一般会計は89億2600万円で、前年度当初を30.6%下回った。災害公営住宅の完成など震災関連事業の減少が要因。特別会計を含めた総額は170億3600万円で22.4%の減。
 新長期総合計画の開始に当たり「子育て支援」「定住の促進」「観光客と住民の交流」を重視。子育て支援では、ファミリーサポート事業、入退院の医療費助成を18歳まで拡大し所得制限を撤廃する取り組みなどを進める。定住対策では、転入者らの住宅建設を補助する制度を継続する。
 震災関連はなお、一般会計の34%を占める。避難道路や下水道の工事が本年度にピークを迎える。
 歳入は町税が3.3%増の16億822万円、地方交付税が14.8%減の29億9210万円。

 主な事業(単位・万円)
◇根廻磯崎線道路整備事業 47,510
◇松島大橋災害復旧事業  11,809
◇行政評価事業         399
◇子ども医療費助成事業   3,644
◇ファミリーサポート事業    237


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年04月17日日曜日


先頭に戻る