宮城のニュース

<宮城市町村予算>新市街地に公共施設

◎山元町
 一般会計は前年度当初比29.4%減の213億7053万円。主立った復興事業の完了で減額したものの、震災前の約4倍で過去4番目の規模となった。
 震災関連では、つばめの杜、新坂元の両新市街地での公共施設の整備に重点的に配分した。主な事業は両新市街地での地域交流センターの建設、山下二小の新築復旧、子育て支援施設の運営など。人口増に向けた子育て支援や定住促進の施策も拡充した。
 歳入は、一般、特定財源で不足する13億円分を、財政調整基金11億円を取り崩すなどして充当した。新市街地に整備した公共施設の維持管理費用などが増加したためで、同基金からの繰入額は前年度比で6割近い大幅増となった。

 主な事業(単位・万円)
◇住宅再建支援       318,734
◇地域交流センター建設   240,827
◇町道整備         101,300
◇防災行政無線更新      43,670
◇子育て拠点施設運営経費    5,588


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年04月17日日曜日


先頭に戻る