宮城のニュース

<宮城市町村予算>子ども医療助成拡大

◎利府町

 一般会計の総額は149億5000万円で、過去最大規模だった前年度当初比10.8%減。東日本大震災で被災した浜田、須賀両地区の復興事業が進んだため、事業費が減少した。
 事業は「選択と集中」で見直しを進めた。子ども医療費助成は、小学生以上に一定の自己負担を求めた上で、10月から対象を15歳から18歳以下に拡大し、所得制限を撤廃した。小中学生の学校徴収金補助は廃止する。JR利府駅前の町営駐車場は料金体系を改め、稼働率向上と混雑緩和を目指す。
 歳入は、町税が45億3815万円と0.2%の増を見込む。町債は利府小建て替えと、文化複合施設建設に充てるため8.7%増の14億9080万円。

 主な事業(単位・万円)
◇浜田地区防潮堤整備64,610
◇須賀地区水門整備 35,600
◇利府小校舎建て替え63,494
◇子ども医療費助成 15,647
◇文化複合施設整備 26,833


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年04月18日月曜日


先頭に戻る