宮城のニュース

<宮城市町村予算>海水浴場再開へ経費

◎七ヶ浜町

 一般会計は101億4300万円で、前年度当初を39.6%下回った。2年連続の減額編成で、災害公営住宅、高台住宅団地が完成したため、震災関連事業が大幅に減少した。
 震災関連にはなお約41億円を充てる。津波で被災した市街地の土地区画整理事業、防災緑地公園整備を重点的に進める。
 観光事業の目玉になるのが、震災の影響で閉鎖していた菖蒲田海水浴場の海開き。今年は期間限定の試験的な再開とし、イベントなどの経費を計上。人材育成事業では、幼児期から中学生を対象にした英語力向上プログラムに取り組む。
 歳入は町税が0.4%増の19億9445万円、地方交付税が26.5%減の21億5000万円。

 主な事業(単位・万円)
◇被災市街地復興土地区画整理事業173,352
◇津波防災緑地整備        34,968
◇サッカースタジアム改修     24,332
◇菖蒲田海水浴場海開き事業       600
◇グローバル人材育成事業        198


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年04月18日月曜日


先頭に戻る