宮城のニュース

<楽天>悪夢 5連敗借金1

 東北楽天は延長十二回サヨナラ負けで5連敗を喫した。4点リードの九回に松井裕樹が代打吉村裕基に3ランを許すなどして同点とされると、延長十二回にも戸村健次が吉村にサヨナラ2ランを浴びた。打線は延長十二回1死満塁に持ち込むなど粘ったが、決め手を欠いた。
 ソフトバンクは先発武田翔太の六回途中降板が誤算だったが、延長戦で投げた3投手が要所を締め6連勝。

 ソフトバンク−東北楽天5回戦(ソフトバンク3勝1敗1分、ヤフオクドーム、13時、33,720人)
東北楽天  100005001000 =7
ソフトバンク011100004002×=9(延長12回)
(勝)森6試合1勝1敗
(敗)戸村3試合2敗
(本)吉村1号(3)(松井裕)2号(2)(戸村)

☆イヌワシろっかーるーむ
 <釜田佳直投手(五回途中9安打3失点で降板)>
「2死まで取っていながら失点したのは今後の課題。もう少し高いレベルでやるためには決め球でしっかり抑えないといけない」

 <金刃憲人投手(五回途中から登板し、1回1/3を無失点)>
「五、六回をまたぐ登板になったが、救援陣が手薄なので頑張って投げた」

 <与田剛投手コーチ(九回に同点を許した松井裕に)>
「(1週間の登板間隔を)言い訳にするようなレベルの投手ではない」


2016年04月18日月曜日


先頭に戻る