宮城のニュース

<宮城市町村予算>南部に交流・防災拠点

◎大和町
 一般会計は前年度当初比14.1%増の109億2400万円。一般会計が当初で100億円を超えるのは初めて。特別会計と合わせた総額は166億3447万円に上る。
 歳出では町南部の交流促進と防災拠点として、南部コミュニティセンター建設事業に6億2497万円を充てた。
 第3子以降が生まれた家庭に祝い金を贈る育児支援事業に1200万円を盛り込んだ。ほかに15歳未満の医療費が無料となる「あんしん子育て医療費助成」の対象を18歳未満まで拡大する事業に1億5616万円を計上した。
 歳入では町内進出企業増や人口増に伴い、町税が前年度比10.1%増の44億6736万円。

 主な事業(単位・万円)
◇(仮称)南部コミュニティセンター建設事業 62,497
◇宮床中南校舎大規模改修     12,555
◇第3子以降出産祝金        1,200
◇あんしん子育て医療費助成拡大  15,616
◇防災無線放送施設デジタル化改修 24,457


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年04月19日火曜日


先頭に戻る