岩手のニュース

<リオ五輪>競歩男子 高橋ら代表6人決定

男子20キロ競歩で五輪初代表になった高橋。メダルを狙う

 日本陸連は18日、リオデジャネイロ五輪の競歩男子代表として、50キロは昨年の世界選手権4位の荒井広宙(自衛隊)、20キロは2012年ロンドン五輪代表の藤沢勇(ALSOK)を新たに選び、発表した。世界選手権で銅メダルを獲得して4大会連続の代表を決めていた50キロの谷井孝行(自衛隊)らを合わせ、6人の代表が出そろった。
 日本陸連は派遣設定記録を突破した国内選考会の日本勢トップは、自動的に代表とする選考基準を設けていた。50キロでは森岡紘一朗(富士通)が昨年の全日本高畠大会で3大会連続の代表入りを決め、20キロは2月の日本選手権で高橋英輝(富士通、岩手大出)、3月の全日本能美大会で松永大介(東洋大)が基準を満たし、初の五輪代表となっていた。
 荒井は17日の50キロの日本選手権で谷井に次ぐ2位になり、五輪代表に初選出された。20キロで日本選手権2位の藤沢は、能美大会2位の西塔拓己(愛知製鋼)との選考会のタイムの比較で上回ったことが評価された。
 女子20キロは派遣設定記録に到達した選手が出ず、6月の日本選手権終了後に他の種目と合わせて選考される。
 競歩はメダル1、入賞2を目標に掲げ、日本陸連の今村文男競歩部長は「十分達成可能。焦らずやっていく」と述べた。

<高橋「チーム引っ張る」>
 初の五輪代表となった23歳の高橋は「五輪はいろんな人が見てくれる。勇気を届けるような歩きをしたい」と語り、メダル獲得を目標に掲げた。
 2月の日本選手権男子20キロを制して内定が出た時の「うれしかった」という気持ちは薄らぎ、代表としての責任感に表情を引き締める。同種目の世界記録保持者で所属先の先輩鈴木雄介が出場できないため、高橋への期待は一層高まる。
 20キロに出場する3選手の中で一番いい記録を持つ。「日本を引っ張る気持ちで臨む。出られない選手の分まで頑張りたい」と本番での活躍を誓った。

[荒井 広宙(あらい・ひろおき)]11年から世界選手権に3大会連続出場し、15年北京大会50キロで4位。日本選手権は昨年、初優勝した。長野・中野実高(現中野立志館高)、福井工大出。180センチ、62キロ。27歳。長野県出身。

[藤沢 勇(ふじさわ・いさむ)]長野・中野実高(現中野立志館高)から山梨学院大へ進み、4年生だった09年に世界選手権初出場。12年に20キロの日本選手権を初制覇し、ロンドン五輪代表入り。165センチ、53キロ。28歳。長野県出身。


2016年04月19日火曜日


先頭に戻る