宮城のニュース

<熊本地震>仙台市長「職員派遣を準備」

 仙台市の奥山恵美子市長は19日の定例記者会見で、熊本地震の被災地支援に関し、「現地の混乱を助長しない形で実施する。時間がたつと宅地や上下水道の復旧にマンパワーが必要になる。ノウハウのある職員派遣を準備している」と述べ、状況を見極めながら支援する考えを明らかにした。
 今回の地震について、東日本大震災の教訓で「いち早く支援体制が立ち上がった」と評価する一方、「交通網の途絶が激しく、きめ細かく支援物資を届けることが困難だ」と指摘した。
 太白区の八木山動物公園でチンパンジーが一時脱走した問題にも言及。「子どもや高齢者がけがをする恐れもあった。動物園では安全が十分に確保されなければならない」と陳謝した。
 再発防止策として「他都市の動物園関係者やサルの生態に詳しい有識者ら第三者に施設を確認してもらうこともあり得る」と話し、必要があれば施設を改修する意向を示した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年04月20日水曜日


先頭に戻る