宮城のニュース

<熊本地震>管理栄養士ら派遣

 宮城県は19日、熊本県からの要請を受け保健師、管理栄養士ら職員計4人を22日から現地に派遣する方針を決めた。地震被害が大きい益城町、南阿蘇村を所管する保健所に入り、避難所への物資配送などを支援する。
 東日本大震災後に県内から熊本、大分両県に避難した住民の安否確認に当たる職員2人も20日、現地に派遣する。19日現在、熊本11世帯15人、大分3世帯6人と連絡が取れていない。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年04月20日水曜日


先頭に戻る