宮城のニュース

<楽天>松井裕1回無失点、復調の兆し

 17日のソフトバンク戦で4点のリードを守れなかった東北楽天の松井裕樹が延長十回に登板し、1回無失点と復調の兆しを見せた。「前回の反省を含め、いい形に近づけた。何より(失点)ゼロでいけたのが良かった」とほっとした様子だった。
 2者連続三振で簡単に2死を取った後、西野真弘に二塁打を許しピンチを招く。糸井嘉男を遊ゴロに仕留めてベンチに戻ると、やんちゃな笑顔を見せた。
 与田剛投手コーチは「彼の能力からすると立ち直ったとはいえない」と語りながらも「前回より球は走っていた。登板間隔が空き過ぎず、中1日でいけたのも良かった」と振り返った。


2016年04月20日水曜日


先頭に戻る