青森のニュース

<ねぶた>安全祈願祭 六魂祭控え1ヵ月早く

玉串をささげ、ねぶた祭の安全を祈願した

 青森ねぶた祭(8月2〜7日)の安全祈願祭が18日、青森市の青い海公園内の「ねぶたラッセランド」であった。東北六魂祭が6月25、26日に青森市で開かれるため、ねぶた制作の小屋を例年より早く設営し、祈願祭を約1カ月早めた。
 青森ねぶた祭実行委員会やねぶた制作団体などの約70人が出席。諏訪神社(青森市)の神主が小屋などをおはらいし、参列者が玉串をささげた。
 奈良秀則実行委員長は「北海道新幹線が開業し、六魂祭や青森県・函館デスティネーションキャンペーン(DC)もある。多くの人が青森に訪れるので、事故がないようにしたい」と話した。


関連ページ: 青森 社会

2016年04月20日水曜日


先頭に戻る