山形のニュース

<山形大>「就職に重点」5学部2研究科再編

 山形大は19日、医学部を除く5学部と、大学院の理工学、医学系2研究科の組織再編構想を発表した。2017年度実施の予定。募集定員などは8月末ごろに確定する。
 現在、人間文化、法経政策の2学科ある人文学部は、人文社会科学部となり、地域公共政策、総合法律など五つのコースが設けられる。
 地域教育文化学部は、教員養成を主眼とした児童教育と、地域で活躍する人材を育成する文化創生の2コースに改組する。
 理学部は従来の5学科を廃止。理学科の1学科制とし、数学や化学など6コースを置く。
 工学部は建築デザイン学科を新設し、8学科を6学科に再編する。
 小山清人学長は「就職という視点を重視して、卒業生が20年後に活躍するにはどうすべきかを議論した」と狙いを説明した。


関連ページ: 山形 社会

2016年04月20日水曜日


先頭に戻る