宮城のニュース

<楽天>延長12回サヨナラ 連敗6で止める

サヨナラタイムリーを決めた嶋と喜び合う楽天ナイン

 東北楽天が今季初のサヨナラ勝ちで、連敗を6で止めた。3−3の延長十二回2死一、二塁から、嶋基宏が左越え打を放ち、試合を決めた。0−3の五回、聖沢諒、銀次の連続適時長短打で2点を返し、六回は嶋の1号ソロで追い付いた。先発美馬学は6回2/3で3失点。7番手浜矢広大が今季初勝利。
 オリックスは糸井嘉男が先制2ランを含む3安打と気を吐いた。

 東北楽天−オリックス4回戦(楽天3勝1敗、18時1分、楽天Koboスタジアム宮城、20,588人)
オリックス000210000000 =3
東北楽天 000021000001×=4(延長12回)
(勝)浜矢1試合1勝
(敗)塚原11試合1勝1敗
(本)糸井3号(2)(美馬)=4回、嶋1号(1)(吉田一)=6回

☆イヌワシろっかーるーむ
<美馬学投手(七回途中3失点で降板)>
 「ストライクとボールがはっきりしてしまった。(四回に先制2ランを打たれた)糸井選手への一球は不用意だった」

☆梨田の話ダ
<3倍くらいうれしい>
 「勝ち越しやサヨナラ勝ちのチャンスを生かせずみんな苦しんでいたので、この勝ちは3倍くらいうれしい」(チームの連敗が6で止まり)


2016年04月21日木曜日


先頭に戻る