福島のニュース

<東邦銀>楢葉町民の帰還後押し

5年1カ月ぶりに営業を再開した東邦銀行楢葉支店

 東邦銀行は21日、東京電力福島第1原発事故の影響で休業していた福島県楢葉町の楢葉支店を再開した。原発事故で休業した店舗の再開は同行では初めて。避難指示が昨年9月に解除された楢葉町の復興や町民の帰還を後押しする。
 支店前で式典があり、松本幸英町長らが出席。北村清士頭取は「地域金融の円滑化とともに、町の安全・安心を発信する役割も担う。復興へ前進する町を手伝いたい」とあいさつした。
 楢葉支店はフルバンキング店で行員6人が勤務。ロビーなどを全面改修し、相談ブースを新たに設けた。
 同行は原発事故で、相双地区の避難区域にある5店舗が休業中。北村頭取は式典後、「南相馬市小高区、富岡町には5月から移動店舗車を出す。避難指示解除の状況を見ながら、支店再開などで(地域を)支援していきたい」と述べた。


関連ページ: 福島 経済

2016年04月22日金曜日


先頭に戻る