宮城のニュース

<宮城市町村予算>自然生かす施策推進

◎加美町

 一般会計は前年度比2.4%増の138億8000万円。若者の移住・定住促進や観光振興に力を注ぐ。
 国の地方創生事業に積極的に取り組む。旧上多田川小跡地を活用し、来年4月に開校する「国立音楽院宮城キャンパス」の施設整備に1億6170万円を計上。アウトドア用品大手「モンベル」と連携し、自然を生かしたアウトドアルートの策定を進める。
 子育て世代対象の宅地分譲に向けて小野田下原地区で造成事業に着手する。宮崎地区の商店街活性化のため、拠点施設を整備する。
 歳入は、地方交付税が0.2%減の58億7000万円、町税は1.7%増の24億8239万円。本年度末の町債残高は147億9870万円を見込む。

 主な事業(単位・万円)
◇アウトドアランド形成      1,95
◇小野田下原地区宅地造成     7,34
◇宮崎地区商店街活性化拠点整備19,501
◇地域バイオマス産業化推進   1,380
◇こども公園基本設計策定     3,24


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年04月23日土曜日


先頭に戻る