青森のニュース

<桜前線>弘前城でソメイヨシノ満開

見頃を迎えた桜。弘前城の天守は石垣修理のため移転中で、例年と違う風景が広がる=22日午後2時20分ごろ、弘前市の弘前公園

 全国有数の花見の名所、青森県弘前市の弘前公園で22日、桜が見頃を迎えた。最高気温は5月中旬並みの19.5度に上昇し、23日開幕の「弘前さくらまつり」を前に外堀のソメイヨシノは既に満開。園内も同日、満開になると予想されている。

 22日は約10万人の市民や観光客が訪れ、本丸内でシートを広げたり、お堀でボートをこいだりして思い思いに例年より早い津軽の春を楽しんだ。
 今年は弘前城の石垣修理のため、天守が約70メートル離れた仮天守台に移転中。天気が良ければ岩木山を背にした天守とヤエベニシダレの競演を望める。
 4月から弘前大で学ぶ韓国人留学生ハン・チソンさん(21)は「こんなにきれいな桜は見たことがない」と興奮気味に話した。
 まつりは5月5日まで。25日ごろには花吹雪や花筏(はないかだ)が園内をピンク色に染める。


関連ページ: 青森 社会

2016年04月23日土曜日


先頭に戻る