山形のニュース

中学教諭が個人情報紛失

 天童市教委は22日、市内中学校の30代男性教諭が244人分の個人情報を保存したUSBメモリーを紛失したと発表した。情報流出は確認されていない。市教委によると、生徒の氏名や連絡先、成績などが記録されていた。教諭は情報管理規定に違反して、個人情報と教材を一緒にまとめたフォルダを作成。そのデータを学校のパソコンからUSBにコピーし、14日の授業で使用した後、ズボンのポケットに入れたまま帰宅した。15日に紛失に気付いたという。


関連ページ: 山形 社会

2016年04月23日土曜日


先頭に戻る