宮城のニュース

<G7財務相会議>景気停滞からの成長策探る

世界経済と金融をテーマに講演する伊藤氏

 仙台市で5月20、21の両日開かれる先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議を約1カ月後に控え、市や経済団体などでつくる同会議の推進協力委員会(会長・奥山恵美子仙台市長)は23日、金融・経済講演会を青葉区のTKPガーデンシティ仙台で開いた。
 学習院大教授の伊藤元重氏が講演。先進国は長期的な景気停滞に苦しんでいるとした上で「人工知能や自動車の自動運転システムの開発など、先進国の成長モデルはある」と語った。
 七十七銀行常務の小林英文氏は地元企業の海外展開について講演した。仙台の財界関係者ら約120人が聴講した。


2016年04月24日日曜日


先頭に戻る