宮城のニュース

<楽天>安楽 今季初先発5失点

今季初先発し、六回途中5失点で降板した東北楽天・安楽

 東北楽天は今季初先発の安楽が六回途中5失点で降板。2軍から昇格したばかりの2年目右腕は「走者を背負い、ここぞという場面で勝負ができなかった」と反省した。
 一回に栗山から150キロの速球で見逃し三振を奪うなど三回まで無安打に抑える快投を見せた。しかし、四、六回は簡単に2死としてから連打で失点し、「クイック投法になってから球が弱くなってしまった」と課題を挙げた。
 梨田監督はスタミナ不足を指摘しつつも「素晴らしい球があり、成長が見えた」と評価。試合後、出場選手登録は抹消せず次回も先発起用する方針を示した。


2016年04月24日日曜日


先頭に戻る