宮城のニュース

<仙台圏にある北海道>ザンギや焼き鳥 多彩

テーブルを彩る北海道産メニューの数々

◎「いただきコッコちゃん」サンモール店(仙台市青葉区)

 サンモール一番町商店街(仙台市青葉区)に面した店舗に入ると、メニューから北海道が飛び込んでくる。焼き鳥を中心とした多彩な料理は、北の大地の魅力にあふれている。
 一番人気は鳥の唐揚げ(5個、税抜き390円)。北海道では「ザンギ」とも呼ばれるソウルフードの一つだ。濃いめの味付け。北海道産の片栗粉で揚げ、タルタルソースや秘伝のソースなどで食べる。
 「室蘭やきとり」は豚ロースとタマネギを串に刺して焼いた。世に言う豚串だが、洋がらしを付けるのが室蘭スタイルだ。砂肝や皮、キンカンなどを刺す栄養満点の「美唄(びばい)焼き鳥」は、炭坑で栄えた地域性を反映しているという。
 北海道の生産者と独自のルートを構築し、旬の素材を使った期間限定メニューも随時提供している。北海道新幹線の開業に合わせ、道南地域のグルメを集めた「道南函館フェア」を市内全店で13日まで展開した。
 道外に初めて進出した場所が仙台だった。運営するイーストン(札幌市)の松井憲文東北ゾーンマネジャー(50)は「新幹線開業で互いの経済メリットが広がる。北海道色をさらに強めたい」と話す。

[メモ]仙台市には2006年9月に初出店。サンモール店のほかに計3店舗を展開する。6月にはJR長町駅高架下(太白区)の複合商業施設に初のテークアウト専門店を開設。サンモール店の営業時間は午後5時〜午前1時。金、土、祝日前日は午前2時まで。


関連ページ: 宮城 経済

2016年04月25日月曜日


先頭に戻る